仮想軍隊クラフトフェルト

活動報告や製作記事などなど

部隊活動

図解クラフトフェルト

   クラフトフェルトでは、軍隊として活動している関係で、「軍隊らしい動作」が出来るよう、第4日曜日を中心に部隊教練(訓練、練習)を行っています。『図解クラフトフェルト』は、クラフトフェルトで実施されている教練のマニュアルとして作成しました。
   クラフトフェルトで行われている礼式、戦技は、基本的にアメリカ海兵隊に範を求めています。ただし、名称、号令は日本語を使用しています。また、細部や不明な点はクラフトフェルト独自の解釈を付け加えている部分もありまし、敢えてその様にしている部分もあります。
   この図解で紹介している事柄を、クラフトフェルトが実践しているのは、それが格好良いからに他なりません。この図解が、多くの人々に参考にされる事を心から願っています。



=部位解説=

徒手軍装

zukai_01_01


完全軍装

zukai_01_02

zukai_01_03




=徒手教練=

   「徒手」というのは、兵器や装具を帯びない状態を指します。不動の姿勢、挙手の礼、方向転換など、軍人らしい動作の基本は徒手教練で身につけます。

基本動作

zukai_02_fudo

 

   「不動の姿勢」というのは、一般には「直立不動」と呼ばれる姿勢で、軍人として最も基本的な姿勢です。「気を付け」の号令で一斉にとります。
要領は、「気を付け」の号令が掛かったら、

  • 踵を合わせ、足を45度に開く。
  • 胸を張り、あごを引いて、視線を受礼者に向ける。
  • 腕は自然に下ろし、手は親指を出して自然に軽く握る。

   を一挙動で行います。

 

zukai_02_yasume

   「休め」の号令で、足を肩幅の広さに開き、手は背中に回して腰で組みます。この時、手は右手が左手の上に来る様にします。

   休めの姿勢は厳密には休んだ姿勢ではありません。訓話は状況説明が長くなる時は、指揮官が「楽にしてよろしい」と声を掛けます。この時は、立ったまま楽な姿勢を各自取ります。

 

方向転換
   「方向転換」は軸足を中心に体の向きを変える要領です。クラフトフェルトでは「右向け右」「左向け左」「回れ右」を行っています。方向転換を行うのは、横列に整列している状態から、縦列に整列しなおす場合が多く、体がふらつかない様、しっかり練習します。

zukai_02_migi

   「右向け右」「左向け左」は、足のつま先と踵を軸にして一気に回る方向転換の要領です。例として「右向け右」の要領を説明すると、以下の通りです。(「左向け左」は逆の要領) 号令と同時に、

  1. 右足は踵、左足はつま先を軸として、一気に右に90度、体を回す。
  2. 体が反転したら、左足を前に引いて、踵を揃えて不動の姿勢を取る。

   踵とつま先を軸にする時、逆の踵とつま先は軽く地面から浮かすと回転がし易いです。また、体を反転させる時、顔は正面を向いたまま、先に反転する方向に向けない事。ただし、反転する方向に体を向けようと意識しないと、中途半端な位置で体が止まってしまうので、注意して行う事が肝心です。

 

zukai_02_maware

   「回れ右」は体を180度回転させる方向転換の要領です。

  1. 右足を半歩下げ、右足のつま先と左足のつま先を軸に、一気に体を回転させる。
  2. 左足を前に引き、踵を合わせて不動の姿勢を取る。

   右足を下げる際、左足の踵の後ろに右足のつま先が来る様に注意する。そうでないと180度回転する事が出来ません。また、体を反転させる際は、体がふらつかない事と、きっちり180度回れる様に注意します。

 

挙手の礼

zukai_02_kyosyu

   「挙手の礼」は最も基本的な敬礼で、徒手の他に、執銃時でも「下げ銃」や「吊れ銃」で行います。

   動作の要領は、号令で瞬時に挙手し、手首と指を伸ばして手はやや前に倒し気味にし、指先を帽のつばに沿える。肘の角度は45度とし、上腕は水平とする。動作は俊敏に行い、ダラダラしない事。

   敬礼は、下級者が先に上級者に対して敬礼し、それを受けて上級者が返礼し、上級者が手を下ろしてから下級者が手を下ろす、という順序で行います。また、「敬礼」の号令が掛かってから、「直れ」の号令が掛かるまで、挙手を続けなければなりません。
   ただし、戦闘間は敬礼は省略する事となっています。

 



=執銃での不動の姿勢=

   執銃(しつじゅう)とは「銃を執る」つまり銃を携行する状態の事を差します。「執銃で集合」と号令が掛かった時は、小銃を持って集合します。
執銃時の整列の基本姿勢は、「下げ銃」つまりタクティカル・スリングを使う要領で、銃を下向きに下げる姿勢です。その後、状況に応じて(もっぱら、捧げ銃の敬礼を行う場合など)、「立て銃」つまり銃を肩から外して、地面に立てる姿勢になります。
   小銃を肩に担ぐ「担え銃」の姿勢は、整列から行進に移る前の姿勢です。行進が終わって整列する時は、「立て銃」の号令が掛かります。
   「吊れ銃」はタクティカル・スリングの3本のスリングをまとめて持ち、2点式のスリングと同様にし、銃を上向きにして肩に吊す姿勢です。式典時の不動の姿勢、ならび行進時にも「吊れ銃」を行う事があります。

zukai_03_fudo_sage

下げ銃

zukai_03_fudo_tate

立て銃

zukai_03_fudo_nina
担え銃

zukai_03_fudo_ture
吊れ銃



=執銃動作=

   ある不動の姿勢から別の不動の姿勢に移行する動作を、クラフトフェルトでは「執銃動作」と呼んでいます。執銃動作で大切なのは、動作を素早く確実に行い、かつ他の隊員と動作を合わせる事です。下の写真は、それぞれの動作の「止め」の場面で、挙動と止めのタイミングを充分に練習し、メリハリのある動作が出来る様に教練します。

下げ銃から立て銃

zukai_03_tatetutu

 

立て銃から担え銃

zukai_03_ninae

 

立て銃から吊れ銃

zukai_03_ture

 

立て銃から下げ銃

zukai_03_sage

 



=執銃での敬礼=

zukai_03_sasage

   執銃時の敬礼は、「下げ銃」「担え銃」の場合は挙手の礼、「立て銃」の場合は捧げ銃、「担え銃」の場合は一旦「立て銃」にしてから捧げ銃を行うのを基本としています。ただし、捧げ銃は式典や上級者(他部隊やその隊長など)に対して行われるのが通例で、朝礼などの隊内の集合の場合は挙手の礼で済ませています。



=据銃=

   「据銃(きょじゅう)」とは、銃を構える、の意味です。正確な照準のため、如何なる状況、姿勢でも素早く正しい据銃が行える様に訓練します。

   通常、軍隊では、伏せ撃ち、膝撃ち、立ち撃ちの順で低い姿勢の方が安定した据銃ができ、かつ遮蔽にも有効としていますが、クラフトフェルトではサバイバルゲームの特性上、立て撃ちを基本の据銃姿勢としています。

*据銃の基本
   以下の要領は、射撃の毎に反動がある実銃での据銃の要領ですが、エアガンでも反動がないだけで基本は同じですので、この要領でしっかり練習しておくと、射撃が安定します。

zukai_05_kyoju


立射

zukai_05_tati

  1. 約85度右に向きながら、左足を前方へ約半歩踏み出す。
  2. 号令で、一気に据銃する。
    その際の要点は、
  • 床尾板を右肩の窪みに当てる事、
  • 右ほおを自然に銃床につけ両肩は水平にする事、
  • 右ひじは肩の高さに上げる、
  • 左手は出来るだけ銃の真下近くに持っていく、
  • 体重は両足に均等に掛けて両足は肩幅より広く開ける、
である。


膝射

zukai_05_hiza

  1. 第一挙動で左足を半歩前に踏み出し、右足を左後ろに引く。
  2. 第二挙動でそのまま上体を下げて右ひざを地面に着け、尻を右かかとの上に載せる。
    膝射の姿勢の要点は、
  • 右足は照準線に約80~90度開きてつま先は立てる、
  • 左足は地面に平らに置き前方から見て垂直になる様にし、足先は目標を向ける、
  • 体重は左足に多く掛ける。
  1. 号令で、一気に据銃する。
    その際の要点は、
  • 左ひじを左ひざに置き、据銃の姿勢を安定させる。他は立射と同じ。



=弾倉交換=

   クラフトフェルトでは、リアルな戦闘を楽しむ為に、50発装弾のノーマルマガジンを使用しています。その関係で、素早く確実なマガジンチェンジの要領を身につける事になっています。弾倉交換は慣れないと、弾倉をポーチから出し入れするのに手間取ったり、撃ち殻のマガジンを落としたりするなど、もたつく事が多いものです。そうした不具合を極力なくすよう、日頃から訓練します。

〈弾倉を弾嚢に入れる向き〉
   マガジンは上下を逆さまにして、正面から見て「く」の逆向きに、マガジンポーチに納めます。これは、弾倉交換を行う際に、マガジンの下を持って銃からマガジンを外し、手首を返して上を下にしてポーチに納めるため、この様な納め方をします。
   ちなみにクラフトフェルトでは、マグプルやパラコードを用いたクイックプルといった特殊部隊御用達の横着な小道具は使用しません。その代わり、マガジンポーチの底に固めのウレタンのブロックを入れ、上げ底にしてマガジンをつかみ易くします。(実物のマガジンより、マルイのマガジンは背が低いため、上げ底にしないとポーチにすっぽり入ってしまう)

zukai_06_magmuki


〈2本目の弾倉の入れ方〉
   撃ち殻のマガジンはマガジンポーチに納める訳ですが、その時、ポーチにすでに1本マガジンが入っている時は、既に入っているマガジンと体の間に、撃ち殻のマガジンを入れる様にします。既に入っているマガジンの外側に入れようとして、ポーチに引っ掛かって入らないので、注意が必要です。

zukai_06_magire


弾倉交換要領

zukai_06_kokan1

据銃を外してマガジンポーチからからマガジンを取り出す。なるべく視線を目標から外さないよう、手元を見なくても交換できるように練習するとベター。

 

zukai_06_kokan2

   取り出したマガジンは親指と人差し指、中指で持ち落とさない様に注意する。その状態で、薬指と小指、親指の付け根で銃のマガジンの下をつかむ。

 

zukai_06_kokan3

   マガジンキャッチを押して銃のマガジンを引き抜き、手首を返して替えのマガジンを挿入する。撃ち殻のマガジンを取り落とさない様に注意。

 

zukai_06_kokan4

   撃ち殻のマガジンをポーチに納める。この時、ポーチの中にマガジンが入っていた場合は、マガジンと体の間に撃ち殻を入れる様にするとスムーズに入る。

 

レッグプラットホームとダンプポーチの活用
   マリーンでもレッグプラットホームに3連のブラックホークのマガジンポーチを付けて使用していますが、この足の弾倉は立った時よりも伏せている時の方が使い勝手が良いです。どちらからというと、予備の弾倉です。
   TAGのダンプポーチもマリーンで良く使われています。ブラックホークのマガジンポーチはゴムバンドでマガジンを締める構造になっている関係で、ポーチに撃ち殻のマガジンを入れにくいのですが、ダンプポーチに撃ち殻を放り込む事で素早い弾倉交換が可能です。

zukai_06_dump

 



=躍進=

   サバイバルゲームで、いきなり位置不明の敵から銃撃を受ける事は珍しい事ではありません。敵からの銃撃を受けた時に、直ぐにやらねばならない事は、自分の身を遮蔽する事です。しかし、身近に地物がない場合もままあり、その場合は直ぐさま地面に伏せる必要があります。
   クラフトフェルトでは、前進と伏せを交互に繰り返し、直ぐさま地面に伏せる要領と、素早く立ち上がって前進する要領を訓練します。

zukai_07_fuse1

図解撮影(3名)

今年最初の野戦の部活は
『図解クラフトフェルト』の撮影会
お天気もよく、撮影日和で助かりました
仮想軍隊になってすでにバージョンは4回変わってます
撮れる時に撮っておかないと
次いつ撮れるか判らないので
気合い入れて撮影しました


20060108_112648
本日はピーカン
撮影などするには勿体ないのですが
TPOの定例会がお休みなので
丁度いい案配に撮影日をかませました

20060108_114315
「ウラウラウラ、早う撮らんかい」
完全軍装でいちびりまくるジマー伍長
この後、真面目に撮影しましたが
その中身は、『図解クラフトフェルト』でお楽しみ下さい

20060108_130539
ざざーーっと撮影を済ませて
余計な器材を撤収
今日は早めに切り上げます

20060108_130627
今日一日モデルをしたジマー伍長には
本官からアイコムのヘッドセットをお駄賃にプレゼント
何でも自分のはハードな使用で壊れたとか……

20060108_131553
その代わり、ジマー伍長から
BHIのショットガンポーチを徴発しました^^
これで本官の散弾銃装備はほぼ完備です

20060108_132002
ミニミ調整中のジマー伍長
何か組み込みに問題があって
すんげー鬼ホップが掛かってました
次回の部活までに直してくるように

20060108_133819
左は改造したマルイのコッキングのベネリM4(なんちゃって版)
右はマルシンのガスの
どっちもマリーンで使われてます
ガスはコッキングが楽ですが
通年続けて使えるのは、やっぱコッキングですね

20060108_134634
そんなこんなで
やる事済ませて、日が暮れないウチに撤収
今年もガンバロー


=今日のばなな=

20060108_132605
丸ごとバナナをディープスロートするエッセン上等兵
あまりにも生々しかったので
ぼかし入れました(爆)


なにはともわれ楽しい一日でした


(報告:隊長タニー)

部隊大忘年会(3名)

今年もいよいよ残すところあと僅か
毎年恒例の部隊大忘年会がやって参りました
今年一年を振り返って、新しい年への展望を……
何てのはどこへやら
かなりハードな一日になってしまいました


20051217_081825
我が隊の忘年会は、全員、外被(M65ジャケット)着用の約束です
が、
昨晩の会社のどんちゃん騒ぎで
その事をすっかり忘れていたシュタウ上等兵
ケバケバのスカジャンで登場です
「今朝、駅に着いて初めて思い出した」
「外被の方がぬくかったのに」
と言い訳こきまくりでした

20051217_083615
こちらは約束通り、外被を着用して登場したシマー伍長
女子高生が走り回るのもお構いなしに
挙手の礼です

20051217_083908
「なんだ、その70年代と40年代のへんちくりんな組み合わせの格好は」
文句を垂れつつ映画館に向かうシマー伍長とシュタウ上等兵
師走の新宿駅をゆく奇人たちです

20051217_085834
本日の忘年会は
『男たちの大和/YAMATO』観劇からスタート
この種の映画の時には、必ず変身するシュタウ上等兵
海軍三種軍装は持ってきても
隊の外被は忘れてくるおっちょこちょいです

20051217_092351
プログラムを見て(読んで、ではない)事前学習するシマー伍長
「うーん、字が多くてよう判らんっ!」

20051217_093559
待ち時間を自販機の商品でくつろぐ本官
これ、ジュースでなく
ポップコーンの自販機で売ってたカルビーのサッポロポテト
油っこかったので、シマー伍長にあげました

20051217_100129
観劇中の一こま
あまりの出来映えに、仮想軍隊一同感涙の嵐
右巻きの人も左巻きの人も
納得できる内容でした

20051217_124051
観劇後、外被着用義務違反の罰直を言い渡されるシュタウ上等兵
「新宿の街を三種軍装で歩く」の罰に
さすがの海軍マニアのシュタウ上等兵も「えぇーっ!」

20051217_125014
お昼過ぎなので、とあるカレーショップに突入
♪カレーが二つ、あったらあったら
♪シュタウは食べずに、見てるだけ!
(「名犬ジョリー」のあの歌のノリで)

20051217_131001
食後、勝手にいかがわしいDVDの探索に行ってしまうシマー伍長
二軒もはしごしてました

20051217_131533
アルタ前広場でヘアーチェックをしてました
もちろん、三種軍装のままで突入を命じられるシュタウ上等兵
診断結果は
「肝機能が極めて危機的☆」

20051217_134703
次のミッションまでヒマがあったので
秋葉原のヨドバシに潜入
そういや、ここ、撮影禁止だったっけ?

20051217_135327
シュタウ上等兵が『男たちの大和』にかこつけたグッズを発見
泣かせる内容なのに
こういうグッズが売り出されるのはどんなもんでしょう?
まぁ、良い悪い関係なく
格好いい物はカッコエエんですけどね

20051217_141422
リラックマを愛でるシマー伍長
シュタウ上等兵は
目当ての1/144のジェットモグラ(サンダーバード)
が見つからなくて、ガックシ

20051217_143944
秋葉原を行く奇人二人
まぁ、アキバは奇人じゃない人の方が少ないかもしれません

20051217_151745
ちょこーっと歩いただけで
直ぐにヘバヘバになってしまったシュタウ上等兵
上官に断り無く、三種軍装を脱ぎ捨てて
ただのオッサンになってしまいました

20051217_154158
さて、いよいよ去年から毎年恒例の
大ボーリング大会
今年の優勝商品は、くそ真面目に
ブラックホークのグレネードポーチ(ただし1個だけ)
しかもゴージャスな事に第2位にも
外人のセクシーネェちゃんのステッカーをプレゼント

20051217_155208
この季節、どこの会社やサークルでも
忘年会でボーリングをやるみたいで
レーンが空くまでしばし待機
他の人のプレーを見入る仮想軍隊一同
「あのネェちゃん、ええ乳しとるのぅ…」

20051217_161020
さぁ、決戦開始
競技内容は、3ゲームやって2ゲーム制した人が優勝
2位は優勝以外の人で点数が高かった人

20051217_161140
おーっと、とんでもないミス発見!
得点表の名前欄に
係のネェちゃんがシマー伍長の名前をミスチャージ
ミマーって誰やねーん

20051217_161227
そんな事はおかまいなしに
シュタウ上等兵、第1投
軽い玉を軽くコロコロと…

20051217_161329
続いて“ミマー”伍長
当たり所が良ければストライク
でも、たいていは外れてしまいます

20051217_162811
最後は本官
床がツルツルで踏ん張り効かず
入院2週間で筋力もガタ落ち~

20051217_163735
そうこうしているウチに
ヌルヌル・コークスクリュー投法のシュタウ上等兵が
終盤でピッチ上げてきました

20051217_163745
シュタウ上等兵は最後の最後でストライク2連チャン
余裕かましていた我々に戦慄が走ります
しかし、第1ゲームは
本官が115点で勝利

20051217_164309
各自、飲料を補給の上、第2ゲーム開始
“ミマー”伍長もシュタウ上等兵も
バカスカとスペアを出しまくって絶好調
ところが本官一人だけでパワーダウン…

20051217_170759
第2ゲームは“ミマー”伍長が116点を出して勝利
さて、第3ゲームで決着なるか?

20051217_172200
デカいケツを十分落として
狙いを定めるシュタウ上等兵
ボーリングでこれが出来て
どうしてサバゲーでこれが出来んかなぁ

20051217_173455
ところが、バカにしてたら
第3ゲームは
「スペアのないシュタウのスペア」戦法で
シュタウ上等兵が自己最多点数で勝利!
優勝決定は第4ゲームにもつれ込んだ!

20051217_175839
是が非でも勝ちたい本官
シュタウ上等兵にならって、デカいケツを十分落として
コークスクリュー投法にチャレンジ
(でも、失敗)

20051217_175913
みんなヘバヘバになりながら戦い抜いた第4ゲーム
勝利の栄冠は、昨年と同じ“ミマー”伍長に決定!
しかし、当初「鈍くさいおっちゃん」と侮っていたシュタウ上等兵が
意外にボーリングでは強敵である事を発見
来年は気を付けてかからんと…

20051217_180009
優勝の“ミマー”伍長に
優勝商品のグレネードポーチが授与される
写真がピンぼけてるのは
腕がガクガクのシュタウ上等兵が撮ったから

20051217_180057
第2位のシュタウ上等兵にも
外人のネェちゃんのステッカーを授与
ステッカーだらけのシュタウカーに貼って下さい

20051217_183904
ようやく本番の忘年会開始
「みんな、お疲れさーん」
「かんぱい~」

20051217_195839
一等最初に『男たちの大和』なんぞ見てしまったものだから
結構小難しい話しをしてしまいました

20051217_201603
「うーん、話しが難しいて、よう判らん~」

20051217_202151
「まぁまぁ、怒んなよー。も一回、かんぱーい」
「かんぱ~い」
何のかんので盛り上がりました

20051217_215153
その様な訳で、我が隊の今年の活動もこれで終わり
「隊長殿、一年、お世話になりました」
「隊長殿に敬礼っ!」


なにはともわれ楽しい一日でした


(報告:隊長タニー)

部隊射撃大会(3名+2名)

昨年、意外に好評だった射撃大会
今年から年中行事として
毎年10月第4日曜日に開催される事になりました
しかも今回は、クラフトフェルト隊員だけでなく
わがまま突撃隊から2名の参加がありました


20051023_094306
射撃大会の準備を手伝ってくれるわが突隊長殿
標的の小ささビックリ仰天

20051023_095429
射撃位置から20m離れた地点に
5つの標的を扇形に配置します
ところがアチコチに木が生えているので
右が見えたら左が見えない、みたいな事が
まま起こります
標的の位置の確認に余念のない参加者のみなさん

20051023_101839
会場準備が終わったら、弾速測定
我が隊の弾測器は5月の二四時間戦以来
電池が上がりっぱなしで
しかも換えの電池を買ってくるのを忘れました(汗
同形型の弾測器をわがまま突撃隊が持ってきてくれていたので
助かりました

PICT2827
準備も練習もすべて終わり
ちょっと不安げな皆さんを前に開会式
あらかじめ競技内容は頭に入れてきて貰っているので
ささっと終わらせる事ができました

20051023_104122
いよいよ競技開始
競技は、立射、膝射、伏射、動標的の順で
おのおの25点の100点満点です
春以来、産休で休隊していたO伍長
家では満点パパらしいですが
兵隊の腕は鈍ってないか?

20051023_105209
この度、わがまま突撃隊に入隊したU氏
入隊最初の部活が、余所の隊の射撃大会とは
わがまま突撃隊もなかなかスパルタンなチームです

20051023_105701
わがまま突撃隊隊長殿、登場
ノーマルマガジンを使用する、との事で感心してたら
マガジンクリップ使用の
ずっこバージョンで、弾倉交換がめちゃ早でした(汗
(今年の規定では違反でもずっこでもありません、というかクリップ使われると思ってなかった…汗)

20051023_111042
O伍長はトリジコンのTA-31を使用
照星と照門で照準するよりも
素早く的確な照準が出来てました

PICT2837
腹がつかえて伏射でエライ目にあう本官
上半身が下向きになって
標的がまともに見えません
S上等兵、U氏も同じ憂き目に遭ってました

20051023_112358
立、膝、伏の射撃が終わり
今度は動標的
O伍長が標的を走らせて速さの感覚をつかんでいます
手動ですが、意外と良い感じに走ります

20051023_113100
動標的から射撃位置を望んだ図
20mは小銃で狙って辛うじて当てられる
ギリギリの距離です
動いている的を当てるには
そこそこのテクニックが要ります

20051023_113120
「わが突隊長どの、逝きまっせー」

20051023_114337
競技終了後、成績発表を行う本官
今回の射撃章受賞者は
わがまま突撃隊隊長殿とO伍長
やはり「やせ組」の方が射撃の姿勢が良かった??


=順位=

優勝:わがまま突撃隊隊長(射撃章授与)
2位:O伍長(射撃章授与・2回目)  
3位:隊長タニー           
5位:S上等兵            
5位:U氏              


20051023_114545
射撃章を受賞して、何げに嬉しそうな
わがまま突撃隊隊長殿
軍衣の首もとまでキッチリ止めてます

20051023_114655
これにて本年度の射撃大会は終了
「隊長殿に、敬礼っ!」

20051023_120716
はい、お待ちかねの「大七厘焼き肉大会」
テーブルの上の紺色のちっこいのが
クラフトフェルト設営隊制式の七厘です
みんなでスッタモンダしてます

PICT2840
ここで本官から
優勝者のわがまま突撃隊隊長殿に豪華粗品をプレゼント
七厘パーティでみんなに差をつける
シャウエッセンが授与されました

20051023_121141
安物のトーチも使い方次第で使い物になる事を
とくとくと説明するO伍長
「ワシはこれで熱気球を上げた事あるんじゃ」
(うそです)

20051023_121743
みんなが炭起こしで騒いでる間に
本官は飯盒で飯炊きです

20051023_122342
そうこうしている内に火が熾ったみたいで
みんな勝手に食い始めてます

PICT2842
「こら、ワシにも食わせんかい」
食い物を前にすると
上官も軍隊もヘッタクレもありません

PICT2843
骨つきのラム肉にくらいつくみなさん
みんな美味いと言ってましたが
ワタクシはちょびっと苦手でした

20051023_133856
食後にはちょっと運動
新しく試作した軽機の箱弾倉のテスト
まだまだ改善の余地がありそうです


今回は初めて外部から参加がありましたが
スパルタンな内容ながら、そこそこ好評だったようです
また来年もやりますんで
我こそは、と思う方、参加して下さい


=今日のバナナ=

20051023_135233
全員、右向き
(あまりのお下劣さに、モザイク処理しました)

食べ物で遊んではいけません


なにはともあれ、楽しい一日でした


(報告:隊長タニー)

部隊大忘年会(3名)

今年もやって参りました年の瀬
部隊大忘年会であります
大とは言っても、3人なんですけどね~


=部隊ボーリング大会=

2004_1225_155656AA
たまにはサバゲー以外の事をやろう
という訳で
部隊初のボーリング大会を行う事になりました

2004_1225_155748AA
「うっし、行くぜ!」
指が太いので重い球しか使えません

2004_1225_155748AA
重い球でも当たりどころが良ければ
一発粉砕です
「スペア取るぞー」

2004_1225_160230AA
こちらも指が太くて軽い球が使えないO伍長
「ぐは~、当たるかなぁ~」

2004_1225_160332AA
とにもかくにも、力任せに投弾
「おお?なぜそっちに行くかぁ~~」

2004_1225_161257AA
思った以上に成績のいい本官
自己新記録のアベレージ154を出しました
(誰だ、笑った奴わ!)

2004_1225_160539AA
なかなか成績の伸びないO伍長
機械のミスで降りて来なかった1ピンを
点に入れてくれとおねだり

2004_1225_162245AA
ってなハンデ無しに
徐々にスペアが取れる様になりました
(これこれ、笑ってはイカン)

2004_1225_165738AA
「くそー、負けんぞ~」
点数では上なのに勝率でタイに追いつかれた本官
でも3ゲーム目は腕がガクガクでした

2004_1225_165824AA

2004_1225_170241AA

2004_1225_170926AA

2004_1225_171206AA

2004_1225_171520AA

2004_1225_172218AA

2004_1225_172259AA

2004_1225_172403AA

2004_1225_182841AA

2004_1225_183042AA

2004_1225_185610AA

2004_1225_190522AA

2004_1225_193312AA

2004_1225_204306AA

2004_1225_204550AA

射撃大会&叙勲式&野戦懇談会(3名)

あと2日で12月です
朝晩の冷え込みがジワジワと厳しくなってきましたね
そんななか第三回射撃大会が開催当日となりました
今年は勲章も貰えるので
ガンバっていきたいと思います!


2004_1128_084735AA
手賀沼到着してみると
やはりサカモト隊長殿から報告があったように
道路拡張工事が行われているようで
3~5メートルほど木々が伐採されていました

2004_1128_085056AA
それでは早速準備開始!
道路側の木々が無くなったので少々明るくなったような・・・
伐採された部分は実際戦闘に使用していた部分ではないので
さほど影響は無さそうです。(今のところは)

2004_1128_090816AA
タクティカルストックを付けようとして
スリングがごちゃごちゃになるS上等兵
「なんやこれ!どうなってん」

2004_1128_092039AA
それでは会場設置です
使うのは巻き尺、標的5、動標的1となります
「S上等兵は巻き尺持って20m先まで」

2004_1128_092116AA
スタスタスター!と20mってこんなかんじです
ところで何故?20mなのって?
それはですね~
ホップ無しで飛ぶ直線弾道距離が
だいたいこのくらいだからなんですね
あっ!後ろから撮ると本官の○ゲが丸見えじゃん!

2004_1128_092225AA
一本目を「グサリ」と挿し嬉しさのあまり「バンザーイ!」??
とよく分かりませんが喜びの瞬間?

2004_1128_092924AA
茂みに横一列に設置された5個の標的
何か見づらそう、大丈夫でしょうか?

2004_1128_095035AA
取りあえず本官が完全軍装で
試射をかねたウォーミングアップ開始!
「ShuPaPaPa!」と小気味よく動作する我が小銃「RISA」?
って!いつから名前付けたん

2004_1128_095047AA
本官の後ろで早くやりたそうなS上等兵

2004_1128_095255AA
交代してS上等兵練習射撃開始!
S上等兵の小銃「ジャネット(仮名)」も元気がよい!


=射撃大会開始=

それでは開始です!
競技内容は20m先の5つの固定標的を
30秒以内に幾つヒットできるかです
それを立射、膝射、伏射で行います
動標的は立射で5回


2004_1128_105348AA
一番射手にタニー隊長殿登場!
順番は階級順なんですよ
タニー隊長殿「う~ん緊張するなぁ」
本官「5秒前 3,2,1スタート!」
スパパパ!!! チィーン! スパパパ!!! チィーン!

2004_1128_105411AA
一つ一つ順に命中させていきます

2004_1128_105448AA
成績を付けるS上等兵、みんな揃ってイマヒトツです
これはかなりやばいですよ!

2004_1128_105542AA
伏射で射撃をするが
どうにも命中しないS上等兵
おっと!ここで弾倉交換

2004_1128_105559AA
が!しかーし!残り10秒以上あったのに
弾倉交換に手間どってあえなく時間切れ
"残念!"

2004_1128_105728AA
さーて、ここまでS上等兵は射撃章に手がとどかづ
タニー隊長殿と本官は動標的で何とか手が届く範囲でした
さぁて無事に授与なるのか!

2004_1128_110527AA
パンパカパーン!!結果発表!
(って言っても三人だけなんですけど・・・)

1位
O伍長
!!射撃章授与!!
2位
タニー隊長
!!射撃章授与!!
3位
S上等兵
!残念!


2004_1128_110923AA
勲章を授与される本官
ベリー格好良いです
こういうのを物を貰ったのは小学校での
スケッチの金賞以来なんで
結構嬉しい物です

2004_1128_111931AA
S上等兵にも今回の射撃大会では
射撃章を逃したものの
これまでの功績を認められ
「善行章」と「従軍章」が授与されました

2004_1128_112450AA
これにて第三回射撃大会を閉会します

2004_1128_112753AA
射撃大会も無事終了してちょっとお遊びタイム
先日買った「軍旗バンド」を使ってみました
調整が悪く竿受けのハートが
「お○ん○んガード」になってます(笑)

2004_1128_113837AA
あれー!この旗デカ過ぎで
しかも、よく見るとバランスわっるー!
タニー隊長殿これは作り直しですかねぇ(汗)


=野戦懇談会=

2004_1128_114747AA
今回の食材はこれです
タニー隊長殿からの寄付によるもので
銀色の円筒形の缶は豚汁だそうです
うどんは豚汁の残り汁に入れて食うらしい
さてこの飯缶と豚汁うどんの味は如何に!?

2004_1128_114822AA
久々に御登場の「たつや君2世(寸胴)」

2004_1128_123442AA
こんな感じに水を入れて飯缶たちを25分も加熱します
ワクワク

2004_1128_115216AA
それにしてもバランス悪すぎです!
ホントに温まるんかいな?
ガンバレ「たつや君2世」

2004_1128_122147AA
待っている間に先日購入した
減速アダプターを試してみました
一番減速した状態で撃ってみましたが
さすがに良く効く全然飛びません(笑)
初速では86m/sが38m/sまで落ちていました
凄いですね~HOPは効かないみたい
因みに4段階セッティングできるので
インドア戦の実用性は抜群です
詳しくは別にレポートします

2004_1128_123729AA
おおーっと!ここでトラブル発生!!
ぬぅあんと!コンロの火力が何とも怪しくなってきたじゃないですか!
タニー隊長殿「蓋あけて覗いたらガソリン入っていたんだけどなー」
とかなんとか言っているうちに
炎はたちまち弱くなり辛うじて沸騰した状態で消えました

2004_1128_123535AA
取りあえず仕方ないので「とりめし」を開けてみることに
キコキコ「う~んこの缶切りは開けずらいのう」
押し切りだが後退しながら切ったほうが楽だそうです

2004_1128_123804AA
「パカッ!」おおっ意外に旨そうだぞう

2004_1128_123847AA
S上等兵が早速食べてみる
「うまいですよ!あっでも真ん中がちょっとポロポロしてます」
どうにか火がとうっているみたい

2004_1128_125136AA
タニー隊長殿も「んんーーーベリーぐっちょ!」
中でも牛缶は一番旨かったです

2004_1128_125628AA
それでは次は豚汁缶いきましょう

2004_1128_125806AA
本官「てへ~これまた美味しそうだぞ」
汁が沢山入っていて具も多く結構いけましたね

2004_1128_130039AA
さぁ~て今度は
残り汁にお湯で湯がいたうどんを入れて食ってみましょう!
本官が泣きそうな顔をしていますすが
決して決して辛くはありません(汗)

2004_1128_130051AA
それでは豚汁うどんを食ってみまあしょう
「おおーこれまた旨いですねー!隊長殿、新開発ですよ!」

2004_1128_130100AA
「どれどれ。んんーー!こっこれは!ベリーぐっちょ!」
全員「次の遠征ではこれできまりだね!」
と楽しい食いまくりの会?も無事??終了しました
射撃大会も課題はあるものの
大成功に終わり次への期待が高まります
ではまたです!


==おまけ==

2004_1128_112016AA
喜びすぎ(笑)


なにはともわれ楽しい一日でした


(報告:O伍長)

軍装研究会(3名)

2004_0822_092002AA
本日は久々に三郷練兵場に来ました
内容は改良型小銃の射撃や 弾速測定
装備類の撮影などです。

2004_0822_110621AA
早速、マーパット迷彩の次期制式軍衣袴、鉄帽
を着用するO伍長殿です
防弾眼鏡も新型です
装具は軽機関銃手のもの

2004_0822_095105AA
新型の防弾眼鏡は、ESSのNVGゴーグル
こもった湿気はお馴染みファンで排気しますが
眼鏡横にうまいこと収めた苦心作です

2004_0822_104201AA
新しい軍装規定では
各人の必要に応じて様々な装備が
着け外しできる様になりましたが
必要最低限、必要な軍装は
百式鉄帽に一式眼鏡
小銃にMOLLEベスト、マガジンパウチ4つに弾倉4本
それと鉄帽に防弾眼鏡だけです

2004_0822_110329AA
雑嚢が容量の関係で古い型が復活です
この雑嚢、古い型と言っても、材質はハードシェルな新型です
ですんで「九九式雑嚢改」という名称になりました
ベストへの結束方法に苦心しましたがクリアです

2004_0822_101543AA
新型銃はなんと散弾銃です
アメリカ海兵隊でも使っている
ベネリM3スーパー90
いつもDHCのN山軍曹にやられてるんで
小銃兵のオプション兵器として導入するとか
でも~、長い!腕が痛い痛い!

2004_0822_112749AA
これも今回採用となったコンプM2(パッチ物)
我が隊の呼称では
「五式電影照準器一型」と「電一型台座」です
自分のを調整 していただきました
さっと狙い易いですね。

2004_0822_095512AA
拡張被筒内に電池をすっきり収納して
前方握把を 握って嬉しい自分です
収納加工と同じくらいに
レール・インターフェース・システム
の翻訳に苦労されたようです
(RISハンドガード=拡張被筒)

2004_0822_111810AA
各銃を次々と弾速測定したり性能試験です
使用している弾速器は
貧乏な隊の財政を慮ってO伍長殿が購入された
クローニー弾速器です

2004_0822_113255AA
「これ、どうやって使うんやろ?」
これまでのストレートな負紐に代わって
イーグル社のタクティカルスリングが採用されました
これで鉄砲身に付けたまま
拳銃が撃てる様になりました

2004_0822_113722AA
本日は撮影やら性能試験やら忙しかったけど
新しい銃や装備にさわれ
今後の夢がふくらんだ充実した部活でした
今後に期待してください


なにはともわれ楽しい一日でした


(報告:S上等兵)

初年兵教育修了検閲(4名)

時間の経つのは早い
今日はS二等兵の検閲です
検閲とは早い話
クラフトフェルトの兵隊としての
基礎が身に付いたか試験をして
合格すればイッチョマエの兵隊と認められ一等兵になれる
ですから今日はとても大事な一日であり
主役は彼だ!
ああ感動の炎天下初年兵教育修了検閲の始まりです


2004_0725_100108AA
久々の御登場のタニー隊長殿
新調したホルスターがとても似合ってます
オークリーは本官のです
(カエセーッ!!)

2004_0725_093450AA
S二等兵只今準備中!
本官「なんだ!その拳銃嚢(ホルスター)は!!
検閲なんだからキチットしろや」

2004_0725_094507AA
社会の窓が開いている事をつっこまれていて
なかなか気がつかない
っていうか、留め玉(ボタン)の意味がわからないらしい

2004_0725_100316AA
タニー隊長殿はS上等兵と打ち合わせ
タニー隊長殿「S二等兵が検閲中にニヤニヤしてたり
タルんどる時はガツン!と言ってくれ」
S上等兵「へへへ~任しといてくださいへへへっ!」
あ~コワッ!

2004_0725_100331AA
本官は審判なのね~

2004_0725_103637AA
姓名、階級、入隊年月日を名のり、いよいよ開始です!
まずは礼式動作を
不動の姿勢から始まり、休め、吊れ銃敬礼、方向転換
右向け右、左向け左、回れ右、立て銃
立て銃敬礼、担え銃、捧げ銃、吊れ銃、歩調
と長々と書きましたが
手始めにこれだけの事をやります

2004_0725_103819AA
タニー隊長殿「立てーつつっ!」
静かな練兵場に隊長殿の声が響き
黙々と号令に合わせ動作を続ける
良いスタートのようです

2004_0725_103924AA
捧げーつつっー!
ビシッ!!
少し小銃が体から離れ気味ですね

2004_0725_103948AA
歩調をとりながら行進♪ ♪♪♪ ♪ ♪♪♪
リズム感が無く音痴な本官はスンゴイ行進苦手です

2004_0725_104223AA
徒手での試験が終わり小休止
その間に体を柔軟体操をしている
だんだんとハードになるので十分ほぐしておいてくださーい!

2004_0725_105024AA
完全軍装に変身中のS二等兵
あれっ!どっちが前だっけか………逆かな?


2004_0725_105335AA
完全軍装での次の要目は各個戦技です
据銃姿勢、弾倉交換、躍進動作、匍匐、射撃となります
ハードなメニューですが
クラフトフェルト軍人なら必ず通る道です

2004_0725_105358AA
据銃姿勢、射撃のフォームをチェックします

2004_0725_105544AA
弾倉交換も動作の確実性と速度が試されます
速度の試験で「速度」の意味がわからなくチョットもたついた

2004_0725_105709AA
躍進動作は「進めっー!」で前進し「伏せっ!」でその場で速攻伏せる
スピードが上がってくると結構キツイいんです

2004_0725_105724AA
タニー隊長殿「伏せっ!」
どさっ

2004_0725_105855AA
S上等兵も「ワシより遅くてどうするー!」とばかりに
迫力満点であおりまくります

2004_0725_110029AA
いよいよ息が上がってきたところで匍匐です
第一匍匐の甲は速度重視で比較的楽だ
ところが

2004_0725_110228AA
顔見れば分かるとおり歯を食いしばって
相当辛そうなのが分かります
ん~ガンバレ!

2004_0725_110050AA
第二匍匐は一番メジャーなスタイルの
ペッタリ地面に引っ付いてゴソゴソ行くやつね
速度も落ちてもはやゼンマイの切れた匍匐のオモチャ状態です

2004_0725_110423AA
そしてこうなりました
S二等兵「はぁ~ハァ~ふぁーハー」
まだ第二匍匐の速度試験30mがあるのにだいじょ~ぶ?

2004_0725_110531AA
休む間もなく第二匍匐の速度試験開始
この状態からの30mを気力と体力でどれだけ速く出来るか見定める
すでに遅いです……

2004_0725_110546AA
S二等兵完全停止中…………
「あと10mだガンバレ!」
と古兵から自然と声が出ていました

2004_0725_110629AA
そしてやっとゴール!
もう声も出ないくらいキテマスねこりゃ

2004_0725_110642AA
隊長殿に捧げ銃をして小休止
もうフラフラですわ

2004_0725_110724AA
本官が椅子を出しているところ
S二等兵は後ろで朽ち果てています

2004_0725_110814AA
うひゃー汗だく!
なかなか良い写真が撮れたともいます
いい顔してます

2004_0725_110909AA
試験の中間計算をしてます。
かなりの高得点が期待できそう

2004_0725_113132AA
準備が出来たら射撃の開始です
三点射、十点射、弾道調整、三点射×5となります

2004_0725_113146AA
タニー隊長殿「三点射、撃て!」
スタタタン!! スタタタン!! スタタタン!!
標的は10m、15m、20m、25m、30mに設置してあります

2004_0725_113302AA
S二等兵は目が良いらしく射撃もとても上手でしたよ
どれも難なくクリアしました

2004_0725_113614AA
そして最後に学科です
学科が最後にしてあるのは血糖値の下がった脳ミソでどこまで
質問に答えられるかを試すためです(なんて過酷な!)
小銃部位5カ所、軍装名称5カ所、その他動作
それにしてもこの写真も良いですねー
「んーーー!ぼくちゃん分からない!」みたいな感じが好きです
あっ!本人はちゃんと全てクリアしましたよ

2004_0725_113735AA
そして最終的な集計結果をだしました

2004_0725_113806AA
最後も軍人らしくビッシッときめて

2004_0725_113934AA
隊長殿から検閲の結果発表です
そして見事優秀な成績で合格です!
おめでとうS二等兵、次会うときは一等兵だな

2004_0725_114243AA
合格が嬉しいのか単純に水が嬉しいのか
大はしゃぎのS二等兵とタニー隊長殿

2004_0725_145603AA
検閲も終わり帰りにファミレスに寄り今後の活動の打ち合わせです
S二等兵も飯食ってすっかり元気になったようです


=今日のおまけ=

2004_0725_115106AA
オーイエーィ! イッツ クール
色と味はカ・ン・ケ・イ・ナ・イ・ネ!


なにはともあれ楽しい一日でした


(報告:O伍長)

部隊大忘年会(6名)

今年も一年間ご苦労さんということで
毎年恒例の部隊大忘年会が
新小岩のさくら水産で行われました


2003_1227_183555AA
待ち合わせ場所が分からないS二等兵の捜索風景です
南口と言ったのに北口に出たらしい
大丈夫か?S二等兵
今年はO伍長殿御夫妻で参加です

2003_1227_190252AA
今年度の会計報告と精算を済ませ
余裕のタニー隊長殿

2003_1227_192426AA
料理が運ばれ出し
嬉しいS二等兵♀の腕の
パチモンROLEXが燦然と輝きます

2003_1227_192451AA
ここは一品が50円から300円程度で「めちゃ安っ」でおま
隊長殿のからあげと自分の玉子焼きなどおいしそう

2003_1227_193721AA
隊長殿以下の古兵もご機嫌でありまーす
めずらしく恩賜の煙草?
をいただく自分でした

2003_1227_203032AA
今年期待の新兵
S二等兵は「山廃仕込み」一本いっときます

2003_1227_205538AA
救急車も呼ばず無事?に一次会を終了し
炎の二次會「カラオケの鉄人」へ突入!
まずは「カンパーーイ!!」

2003_1227_205308AA
尖兵は自分が!! 97点の得点を出した
18番「怪傑ハリマオ」を熱唱
「真っ赤な太陽燃えーているー」

2003_1227_210122AA
つづいてはタニー隊長殿とデュエットで
「加藤隼戦闘隊」を爆唱

2003_1227_210550AA
ちょっと雰囲気変えまして、歌謡曲
O伍長殿とデュエットの「TOKIO」
落下傘で降下中!??

2003_1227_212248AA
やっと出ました赤組は
S二等兵♀が何かの英語の歌
題名は失念

2003_1227_213036AA
O伍長殿のハニーも静かな歌声を披露されました
みんな幸せそうです

2003_1227_214218AA
おおとりは、やっぱりこの方、、、待ってました
筋肉少女隊の「踊るダメ人間」
を激唄する、タニー隊長殿

2003_1227_215158AA
というわけで無事終了して、敬礼!


なにわともわれ楽しい一年でした


(報告:S上等兵)

写真撮影会(3名)

ぐぅあ~寒くなりましたね~ 本官は寒いのは苦手なのです
今回は新しいHP用の写真撮影会と
先日完成した擲弾小銃の小テストです


2003_1123_095055AA
装具をいつものように準備しています。
三式装具にもなれました

2003_1123_103544AA
準備が出来て撮影開始です

2003_1123_114308AA
擲弾小銃を撃ってみよう

2003_1123_114324AA
「バッホン!」
三人「あれ~???」
発射したものの何とも迫力なしで、こんなもんなの?
と言う声が思わずでてしまうヘボさでした
O伍長「もしかして?」と思い

2003_1123_115130AA
モスカートをばらすと、先日分解したときに
中のスリーブを前後逆さに入れてしまい6発しか
チャンバーに噛まなくなってました(^_^;)
どうりでヘボヘボな訳だ、組み直したのでこれでOK

2003_1123_115802AA
取りあえず我が隊では新兵器は全て人体実験をしてから
実戦投入されます
S上等兵「バシュ!」
タニー隊長「今度は迫力ありだ!」

2003_1123_115846AA
終わり良ければ全て良しということで・・・


=今日のバナナ=

2003_1123_103822AA
わぁーひとり増えてる!
隊長殿もそんなバナナになってしまいました???


なにはともわれ楽しい一日でした


(報告者:O伍長)

創隊十周年記念式典(3名)

=前夜祭

10月10日は我が隊の創隊記念日でありますが
2003年は10周年にあたるということで
二四時間戦で御世話になっている
赤城山オフロードパークのK軍曹殿を
おたずねして大焼き肉大会を開催いたしました


2003_1011_213827AA
クラフトフェルト軍旗に、敬礼!!!
隊長殿、O伍長殿には10年間の思い出が巡った事でしょう
仮想軍隊に栄光あれ!
自分もはやい物で3年をすぎました

2003_1011_214625AA
さあ、超高級和牛のみを使った
我が隊が誇るBBQの始まりです
今回はすべてO伍長殿の食材手配であります
昔輸入牛肉を食わせた恨み辛みを
一生言われ続けているため名誉挽回
まじで肉オンリー魚貝とか野菜は皆無であります

2003_1011_215213AA
「おおお、うまい肉でんなー」と大喜びの自分であります
しかし、ダイエット中のため胃袋収縮しておりすぐに
満腹してしまい残念であります

2003_1011_233120AA
金子軍曹殿ももう飲む酒がありまへん。極上機嫌の笑顔
下ネタ大炸裂の酒池肉林
「Happy, Heaven, パーラーダイスー」でした

2003_1011_234801AA
これでもかーーという罰ゲーム的なデザート出現
V-MATでゲッチュウしたのですが
やっと食します

2003_1011_235118AA
ざくざくナイフで開けていくと、
「じゃん!!」中からは怪しい茶色の物体が。。。
大きさは煙草と比較ください

2003_1011_235256AA
なんとCoffeeCake with Cinnamon!!
何人前やろー

2003_1011_235629AA
やっとこさ甘い物になってタニー隊長殿の出番
プラス1000タニーくらいか?
隣はディックツイスターズのトミオカ伍長殿

2003_1011_235719AA
これはこれは激レアな映像ですぞ
自分のモクモク度は一ヶ月数本なんで
遠征でもめったに吸いません

2003_1012_041439AA
つぎもレアレアな激不許可写真
これでも7kg減量したんですが、なにか?
爆睡というより。爆酔ですね、むしろ

2003_1012_092307AA
一夜明けました
「起床!!!さあーメシ食えー!!」てなこともなく
実にマターーリーーとした時間が流れております

2003_1012_093026AA
朝食準備風景と使い捨て食器
今回は献立も食材手配、炊事すべて
O伍長殿におまかせだったんですが、実験も行われました
それは使い捨て食器の試行であります。
結果は準備は楽、何食もやるなら手間かな?
場合によっては採用検討というものでした

2003_1012_093808AA
O伍長殿宅風のマイスイートハニー^^な朝食
ヨーグルトとフルーツ、チーズケーキにシリアルクラッカー
前夜のBBQと相殺されて実に優しい気持ちになりました

2003_1012_131222AA
こちらは昼食の献立
ハンバークカレーライスと豚汁。うまそーー
時間があれば戦闘口糧よりはやはり温食ですなー
準備御疲れさんでした


=噴進砲その他火器の性能試験=

2003_1012_102059AA
8ミリ弾を発射するマルシンのM1カービン銃を試射するO伍長殿
木部が実にいい感じで鉄部も金属部品
コッキングですが欲しい一品です
反動など撃ってるって実感できました
8mm弾は当たっても以外と痛くないです。

2003_1012_110605AA
さあ今回のもうひとつの目的である
噴進砲の安全性や飛距離の確認が実施されました
二式噴進砲を準備する自分です

2003_1012_112159AA
つづいて陣地を攻撃するため
一式噴進砲を仰角つけて構えるタニー隊長殿

2003_1012_113739AA
実包を仕込んだ有翼のいわゆる噴進榴弾ですな
これも着弾にてかなりの効果ありました

2003_1012_115114AA
CAWのモスカートやBBシャワーなどが試射されました
かなりの効果は実感できたのと
軽量になったのがうれしいのですが、、、、
問題はコストです
こんなん10発も装備していたら一財産ですねー

2003_1012_115337AA
至近でスラグ弾を被弾して痛がるタニー隊長殿
「至近ならなんでも痛い、あたりまえやがな」
ということです

2003_1012_140606AA
実験も予定終了しガスって来た事もあいまって撤収開始であります
前回の二四時間戦で粉砕されたので
今回は設営隊幕舎を使用しました


2003_1012_142558AA
重背嚢も並んで準備完了
ディックツイスターズの皆さんには御世話になりました


なにはともわれ楽しい一日でした


(報告者:S上等兵)

写真撮影会(4名)

今回はあのウソ写真傑作三本指に入る
「ミリタリー・フルサイズド」の第二弾の撮影です
イベント用に急遽製を決定しました
今日は天気予報ではお空の状態はヤバそうでしたが
絶好の撮影日和だ!


DSCF0312
S上等兵の装備を小銃から噴進砲へ
チェンジするのを手伝うタニー隊長殿
タニー隊長「んっ!装具がまた広がったのではないか?」
S上等兵「へへへ・・・・・」

DSCF0305
今度の企画は特別兵器も参加するので、準備が大変(__;)
撮影自体はとある場所の敷地内とはいえ
市街地の真ん中なのでかなりアブナイかんじです

DSCF0309
実に嬉しそうなS上等兵
それに対して実にマイペースなS二等兵
でも嬉しそうでした。たぶん

DSCF0313
これがクラフトフェルトの放射器装備の兵隊だ
市街戦(インドア戦)では最強?

DSCF0316
二式噴進砲(ペットボトルロケット砲)を装備したS上等兵
キマッテます
これがあれば敵戦車(段ボール戦車)もイチコロです
※ペットボトル砲は通常のサバゲでは使ってはいけません

DSCF0314
さぁ撮影開始だ!
タニー隊長「ああ~!顔がにやけとるぞ!!」
S二等兵「キリリッ」
タニー隊長はとてもこだわりがあり
その甲斐あり良い写真が撮れました
完成したら何らかの形で発表するので待っててね


なにはともあれ楽しい一日でした


(報告者:O伍長)

手賀沼定例会(3名)

ta102757AA
なんと、半年振りにDHCやわがまま突撃隊の皆さんを
交えての定例会であります
あけましてオメデトー(遅っ!)

ta120533AA
もっちー閣下もお元気そうです。Vサイン!

ta142224AA
準備万端の我が隊の屯営地です
自分は2月にせっかく購入した三式装具(もと十四試装具)を
車上アラシにあい、またまた購入しました
なんかやるときには、なんか起きる宿命ですかな

ta101726AA
みんなを待つ間に
軽機関銃のデモンストレーション
「対空射撃の姿勢はこうやるんや」と隊長殿の指示でしたが
自分が支えると背がちっこくて
「対戦車」になってしまいました
O伍長殿はバッチシ決まりですなあ

ta120419AA
いよいよ開戦!
全滅戦に始まり、「チーム対抗お宝さがし」
「空軍パイロットの救出」など楽しいゲームのアイデアが続出

ta120513AA
タニー隊長殿が戦死したあと
O伍長が指揮を引き継ぎましたが
ウカウカしてる間に二人とも戦死しました~

DSCF0297
大休止(お昼やすみ)には
ボンバートーク対タニートークが半年振りの炸裂であります
何の話しかは内緒です

ta120546AA
今日の反省!
ヒットしたら必ず弾倉を抜いて、安全子をかけましょう
ちょっと忘れがちでした。


午後は早めに撤収し
7月の「ビクトリーショウ」(旧ミニマット)にブース出す会議でした
みなさん来てくださいネ


なにはともあれ楽しい一日でした。


=今日のバナナ=

ta121830AA
S上等兵の今日のバナナ。今日は皮ごとガブリ!


(報告:S上等兵)

部隊大忘年会(4名)

今年もとうとう師走のどん詰まり
毎年恒例の部隊忘年会が開かれました


DSCF0024
休隊中のN二等兵が来るはずですが
例によって遅刻してます
まぁ、放っておいて古兵3人でスタートしました

DSCF0025
開始から1時間後
料理3皿にジョッキ3杯ほど空けた頃に
やっとこN二等兵登場
相変わらずのテンションです

DSCF0026
写真を撮るのも忘れて盛り上がりまくってました
「ワシはSを極めたMじゃぁ!」
とS古兵殿から鉄拳制裁をくらうN二等兵

DSCF0027
今回、S宴会班長が選んだお店は
S上等兵行きつけの居酒屋「うまいもの処 SHU」さん
お値段リーズナブルでおいしいお店でした

DSCF0031
我が隊は10時ころ撤収
でもお店はこれからが本番のようです
よくはやってる良いお店でした

DSCF0032
S上等兵行きつけ、という事で
格好のいいトコ見せようと
全員外被を着用
「おそろいだと軍隊らしいっすね」
とお店のマスターに言われました~


=おまけ=

DSCF0033
二次会はN二等兵のたっての願いで
部隊本部で「大貧民」大会となりました
この歳になって、「大貧民」で徹夜するとは。。。

DSCF0034
しかも、S上等兵に足引っ張られて
本官とO伍長も負け越し
二等兵一人に古兵3人が巻き上げられてしまいました


なにはともあれ楽しい一日でした。


(報告:隊長タニー)

隊長の進級

2001年10月14日:手賀沼

hito011014_01

   去る9月23日。生まれて初めての大会運営となった、第四回二四時間戦の運営委員長を務めた功績により、隊長タニーは中尉に進級する事が兵員会で決定し た。隊長タニーが少尉に任官したのは、1998年の6月。かれこれ4年も同じ階級に停年していた訳である。もっとも、その間に兵隊の数が増えて部隊が大き くなった訳でなく、入れ替えこそあれ隊の規模は相変わらず4名よりは増えない訳であるから、隊長だけが進級しても仕方ない。そんな訳で、隊長タニーの進級 はずっと控え置きのままであったのだ。しかし今回、TPOの大会を仕切った訳であるから、控え置きのままでも具合が悪い様な気がしてきたので、ご苦労さま という事で中尉に進級したのであった。

*進級の式
   普通、隊員が進級する時は、下士官の場合は隊長が、兵隊の場合は下士官が、それぞれ階級章を下げ渡す事になっている。ところが隊長の上には部隊の中では上級者が居ないので、TPO理事長代行であるDHCのもちー大将に願い乞うて、階級章の下げ渡しをして貰う事になった。我が隊はTPOの加盟部隊であるから、その理事長代行は我が隊の隊長の上級者とみる事が出来るのだ。

hito011014_03
一応、作法では、上級者が進級の命令文を読み上げて
階級章を付けてやり、握手して敬礼して終わり
という事になっている
しかし、緊張に満ちた二四時間戦が終わって最初の定例会
朝礼さえ忘れる弛みきった状態だったので、式は略式のみ
写真撮影の為、形だけ整えたが、どうにも顔が緩んでいる

hito011014_04
そこで兵隊に言いつけて、もう一度撮り直し
今度はかっちりした写真が撮れた
この写真はトップ写真にも採用した

hito011014_05
しかし、隊長タニーももっちー大将も
元々がそれほどくそ真面目ではないので
シャッターが降りた途端にブレーク
しかし、こんな式にも付き合ってくれるもっちー大将は
イイ人だとつくづく思う


   今回は隊長だけでなく、O兵長も伍長に進級。我が隊が仮想軍隊になって初の下士官に任官した。O伍長は隊長タニーと同年兵。クラフトフェルト創設以来からの戦友。これまでに様々な苦楽を共にしてきた。それだけに勲功も多い訳であるが、今年に入って下士教育を受け、二四時間戦では班長として実質的に隊を一人で切り盛りした。これが下士教育修了検閲と見なされて、今回の進級となった。

hito011014_06
一応、作法通りに物事を進め、握手する
ただし、手ブレの多いS一等兵が写真を撮るので
この写真はテイク4


*手賀沼のヒトコマ
   今回のネタはこれで終わりなので、今回は穴埋め記事という事で、この日のTPO定例会の様子を紹介しよう。TPOは条約機構軍と軍を名乗ってはいるものの、実際のところはバリバリのサバゲーチームの集まりである。彼らがどんな戦い振りをしているか、写真を追って解説する。

hito011014_07
この日の隊長タニー
6月以来のダイエットが成功して、16キロ減量
減ったのは腹だけじゃなくて、足も頭も痩せてしまったらしい
鉄帽の内装もゆるゆるになってしまった

hito011014_08
戦闘開始。DHCの兵隊と一緒に戦場に入る
みんなバラバラに前進
敵の銃声が聞こえると、みんなその場にしゃがみ込む

hito011014_09
近付いて写真撮ろうとすると
自分の位置がバレルから嫌だとか何とか文句言うけれど、、

hito011014_10
いざシャッターを押す段になると
みんなポーズ付けたりカメラ目線。なかなか役者だ

hito011014_11
そうこうしてると、DHCと戦っていたS一等兵が戦死
衝突しょっぱなに一連射食ったらしい
帰る道すがらも、こんなに高々と銃を挙げてるのに
何度も撃たれていた

hito011014_12
その頃、O伍長は新型の軽機を連射してご満悦
この男、DHCと会敵した時に
敵を撃たずに写真撮影をしてた隊長タニーをさんざん撃ちまくった
戦闘間の撮影では、撃たれるつもりで飛び込んでいかないと
良い写真は撮れないものである

hito011014_13
命中の瞬間、「よっしゃ~、やったー!」と
ガッツポーズを取っていた、フィールドランナーのマッド委員
当たったのが余程うれしかったのだろうけど
10年この方
こんな子供っぽいリアクションを素直に取れる人を見た事がない

hito011014_14
こちらは「やられた」人々
元気な午前中はともかく、午後になって疲れてくると
いい加減早く戦死したくなる時があるが
これは歳のせいだろうか
TPO定例会では、安全地帯(セフティゾーン)の近辺でも
平気で戦闘が起こるから、要注意だ

初年兵教育修了検閲

2001年5月6日:三郷練兵場

hito010506_01

   さる5月6日、ゴールデンウィークの最終日に、クラフトフェルト建軍以来最初の初年兵教育修了検閲が実施された。受閲したのはトップページの写真でも度々登場のS二等兵である。チビ、デブ、四十過ぎの三拍子揃った欠陥兵のチャンピオン、されど軍隊好きは若い兵隊に負けないS二等兵。その奮闘や如何に?
*検閲とは何ぞや?
   検閲。正式には「初年兵教育修了検閲」というのですが、これは要するにクラフトフェルト軍人としての基本的な動作や戦技、精神について教育された事をテストする事です。クラフトフェルトに入隊した隊員は、前歴がどの様なものであれ、全員「初年兵教育」を施され、検閲に合格して初めて一等兵に進級する事になっています。言ってみれば、我が隊の一等兵というのは、クラフトフェルト軍人として最低限度必要な能力を有した隊員、という事であり、二等兵は生成途上の隊員という事でもあります。
   その初年兵教育の内容ですが、簡単に述べると、敬礼や方向転換など軍人としての動作や射撃、匍匐などの戦闘動作、その他装具の組み立てや軍隊語など、我が隊で普通に行っている各種の軍隊活動に必要な動作や知識が中心です。教育期間は原則として半年間(部隊教練6回)とされてますが、雨や遠征で部隊教練が中止になる事もあれば、初年兵が仕事や私用で部活を休む事もあり、期間はその都度伸長します。ただし、なるべく入隊初年度が終わる前に検閲を受けさせる様に配慮しています。 
   検閲は初年兵教育の全項目が査閲され、各々の出来映えによって点数が加えられていくシステムになっています。動作に関しては、失敗しやり直す度に1点減点。速度に関しては、査閲官の評価によって査定されます。点数は百点満点で、40点以上が合格。ただし、検閲は教育が十分に施され完成したと判断された時点で行われるので(完成の域に達するまで教育期間を伸長する事もある)、おおよそが高得点を獲得します。
   検閲の結果、合格すると初年兵教育修了者として、一等兵への進級のキップを手にする事が出来ます。合格の時点で、我が隊の軍装が全て揃っている者は、次回の部活で進級。未了の者は揃い次第進級します。一等兵に進級した兵には、階級章と認識票が部隊から支給されます。


~徒手~ 

hito010506_02
 検閲開始に当たって、検閲の概要について説明する隊長タニー
初年兵教育制度始まって以来
初めての検閲とあって、少々緊張気味
受閲するS二等兵は元より緊張してるから
させる方もさせられる方もどっちも緊張してた訳だ

hito010506_03
まずは装具の組み立てから
一見、戦闘とは何の関係も無さそうだが
装具・兵器をキチンと取り扱い
管理する事は軍人としての当然の躾である
衣袴(野戦服)の畳み方から略帽の取り扱い
編上靴の手入れに到るまで
初年兵教育では軍装の取り扱いや管理に関して
事細かに丁寧な教育が施される

hito010506_04
続いて徒手の各種動作
不動の姿勢、休めの姿勢、方向転換など
キビキビとした軍人らしい動作が出来るかどうかが見られる
軍人らしさというのは
そうした当たり前の動作の中からにじみ出てくるものなので
これらの基本的な動作は徹底的に仕込まれる
ある意味、一般のサバゲーチームと仮想軍隊の大きな相違点である

hito010506_05
歩調を取っての行進
日常生活では、他の人と歩調を合わせて歩く習慣がないので
やってみると難しい。しかも足を挙げて腕を振って
規則正しい行進をしなければ軍隊らしく見えないので
行進の訓練も大変である

hito010506_06
徒手動作の最後は敬礼の動作
挙手の礼、十五度の礼、頭の礼など
敬礼は上級者および戦友に対して
軍人としての敬意を表する礼であるから
最も厳しく、かつ美しく行わなければならない
しかし、軍人らしからぬタルンだ精神の持ち主では
その様な敬礼は出来ない


~執銃~

hito010506_07
続いて執銃間の各種動作
執銃というのは、小銃を帯びた状態の事を指すが
その銃を使った各種の動作(担え銃や捧げ銃など)が
これまた軍隊らしさを醸し出す
この写真は、基本姿勢である吊れ銃の状態。不動の姿勢を取っている

hito010506_08
徒手動作は
吊れ銃(不動の姿勢)→立て銃→担え銃→立て銃→
十五度の礼→捧げ銃→吊れ銃
の順番で連続して行われる
それぞれの動作に決められた挙動があり
それを正しくメリハリ良く行う事が要求される
メリハリ良く、という言葉は
他にバイクの大型二輪の試験などでも耳にする事が出来る
これは判りやすく言うと、各挙動に「止め」の動作が入る
つまり確実に各挙動を行う事をさす

hito010506_09
言い換えれば、それぞれの挙動が正しく行われいても
「止め」がなくツラツラと動作してしまうと
何か手を抜いた様な動作に見えるし
場合によってはヌルヌルとした気持ちの悪い動作に見える事がある
要は見せ方の問題なのであるが
徒手にしても執銃にしても、これらの動作は
「軍隊らしさ」を醸し出す為のものであるから
重要不可欠な事柄である。
しかしそれ以上に
メリハリのあるキビキビとした動作が出来る様になると
ただそれだけで軍人らしく見える様になり、格好良くなる
hito010506_10
捧げ銃のシーン
捧げ銃は、軍人が行う敬礼の中で
もっとも敬意を表する敬礼の作法である
それだけに動作がブサイクでは格好が付かないので
仔細にわたって指導される
しかし、微塵もふらつく事なく決まった捧げ銃の敬礼ほど
格好の良いものはない


~据銃と弾倉交換~

hito010506_11
いよいよ戦技動作の検閲である
軍隊の本分は戦闘であるから、戦闘技術が身に付いてない兵隊は
まったくの役立たずなのだ
完全軍装で隊長タニーの説明を受けるS二等兵

hito010506_12
据銃姿勢の各動作、立射、膝射、伏射
これに発進姿勢(伏射から膝立ちの姿勢に移る)を組み合わせ
二巡連続して行う

hito010506_13
据銃姿勢とは、銃を構え照準する事なのだが
それぞれの動作を連続して行うとなると、結構体力を使う

hito010506_14
それでもフラフラしない様に据銃する事が大事とされる

hito010506_15
弾倉交換は
間断ない射撃を敵に加える為に、必須の戦闘動作とされる

hito010506_16
そもそも我が隊が通常弾倉を制式化したのは
弾倉交換の動作を戦闘に取り入れたかったからだが
これが素早く出来ないと楽しむどころの話しでなくなる

hito010506_17
しかし、慣れてくると
視線を敵から外す事なくブラインドタッチで
交換・収納が出来る様になる


~躍進と匍匐~

hito010506_18; width="400" height="300" />
いよいよメインイベント、躍進動作と匍匐である
雨と飛び来る敵弾の中であって
非情な攻撃前進を命じられるのが軍隊である
なるべく敵の弾に当たらない様にする為には
素早く伏せたり低い姿勢で前進したりする要領を
知っておく事が肝要なのだ
しかし、これらの動作は端で見ている分には判らないが
実際にやってみるとメタクソにシンドイ動作なのである

hito010506_19
「進メ!」の号令で全力疾走
「体が重ぉて走れまへん」などと言う泣き言は
軍隊では通用しない。トロトロ動いていては敵に撃たれる
軍隊では勝手に戦死する事は許されないのだ

hito010506_20
「伏セ!」の号令が掛かると、空かさず地面に伏せる
仮にそこにウンコがあっても軍隊では伏せる
伏せる際には、ケガをしない様に受け身をする
しかし、自分の体を擦り剥いても
銃を壊したり汚したりしない様に注意を払う

hito010506_21
第一匍匐は体の側面を地面に付ける匍匐の要領
低い姿勢ながら高速で移動する際に使用する
姿勢は甲、乙、丙の三種類あり、順番に低い姿勢となっていく

hito010506_22
一般によく知られている伏せ姿勢の匍匐は、第二匍匐と称される
これは第一匍匐よりも低い姿勢で
速度よりも安全性が優先される場合に使う
腹這いだけに歩みも遅くアゴが出るが
敵の弾が飛んでくれば嫌でもやらねばならない


~射撃、その他~


   この後、射撃の検閲が行われた。躍進、匍匐と激しい動作をした後に、射撃という冷静さを要求される項目が設けられているのは、実際の戦闘では機動と射撃が交互にあり、どれほど動悸してても正確な射撃を行わねばならない。それを再現する為である。射撃の検閲は、三点射(連射で3発撃ったら射撃を止める)と十点射(我が隊では連射は10発で一旦止める事となっている)、そして偏差射撃(風力や距離によって照準を変え、標的に命中させる射撃の仕方)が検閲される。今回の検閲でも、もちろんこれを行ったのだが、どういう訳かそのシーンの映像がなく、画像は割愛した。

hito010506_23
検閲の最後は、兵器および軍装の部位名称あるいは制式名称の応答
我が隊では
兵器装具のすべてが旧陸軍調の言葉に置き換わっているので
それらをすべて覚えなければならない

hito010506_24
 また、受け答えの仕方も
ダラダラした普段の言葉ではなく、キチンとした軍隊口調を使う
検閲の最後は、こうした文化的な設問である


*総括
   S二等兵はご覧の通りの体型、その体型に見合った体力、運動神経しか持ち合わせていない。その為、教育期間は教える方も滅法苦労させられました。腕が短い、腹が出てる、挙げ句、目が悪くて敵が見えない、などなど。しかし、「好きこそものの何とか」でしょうか、S二等兵は我が隊の教練に耐え、立派に検閲を合格した。やる気というのはスゴイものである。別に軍隊に限らず、野球でもサッカーでもそうでしょうが、やっぱり基本となる型、というものは存在するもので、それは反復して練習する事で上達し、それが実戦に役に立ってくる。我が隊の初年兵教育および検閲は、それを制度として確立したものし、階級制度はそうした技能レベル(と年次も含むが)と連動している。どうせ何かやるなら、身に付くものがあっても良いと思うのです。 
最新記事
記事検索
プロフィール

armee_kf

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
忍者AdMax
  • ライブドアブログ